千畳敷写真教室を終えて

千畳敷写真教室を終えて

2010年2月20日(土)~21日(日)、3月6日(土)~7日(日)の2回に渡る写真教室が、標高2612㍍のホテル千畳敷で開催されました。
中央アルプスの核心部に、JR飯田線駒ヶ根駅から千畳敷まで、駒ヶ岳登山バスと駒ヶ岳ロープウェイが運行を開始したのは昭和42年。

日本アルプスという山岳地帯へ架かるロープウェイとしては、東洋一といわれ、山を愛する人たちにとって、通年運行は大きな援軍となる交通手段です。

開通以来、国内外の多くの山岳ファンや観光客、山と自然を愛する人ばかりか、さまざまな体験や学習を目指す学生もツアーを組んで訪れるなど、好評を得ています。

今回の写真教室は、そんな歴史ある中央アルプス観光株式会社が初めて企画したイベントとあって、参加募集人数を超える申し込みがあったそうです。

2月20日~21日に開催された撮影教室では、快晴に恵まれ、白銀に覆われた宝剣岳や強風に舞い上がるブリザード、太陽と雲が織り成す気象現象などが、フォトジェニックな世界を垣間見せてくれました。

ブリザード舞う宝剣岳


2日目は未明からホテル周辺に待機し、ご来光の瞬間は南アルプスの間ノ岳から昇る朝日と、朝日に照らされた朱色に染まるサギダルの頭(南宝剣岳)、その南の稜線などを作画の対象に、ご参加の皆さんは一様にカメラを向けました。

朱色のサギダル


冬山装備を完全にした参加者はカール底まで下り、強風によって雪原が鋭利な刃物で削り取られたようなシュカブラ(風紋)に、朝日が差し込む光景を捉えました。

3月6日~7日に開催された写真教室では、2日間とも天候が悪く、霧が立ちこめたため視界が良好ではありませんでした。
宝剣岳が一度も視野に入ることはなく、ほとんどの参加者はシャッターを切る機会がなかったようです。

しかし、ホテル千畳敷に毎日のように常駐する一人、Hさんが見せてくれた数枚の写真に驚きました。2月27日に降った水分を多量に含んだ降雪によって、巨大雪崩が発生し、その規模は前代未聞であったことが判明したのです。

過去、千畳敷では目にしたことのない大規模なもので、おそらく日本アルプスの全域でも目にすることのない大きなデブリであったと予想されます。

そこでHさんと二人で現地を下見、Hさんにサポートしていただき、参加の皆さんをご案内したところ、見るだけでもよかったと喜んでいただけました。

巨大デブリ


写真を参考に、霧の中なのではっきりとは判断つかないと思いますが、まるで南極大陸の自然を目にするかのような錯覚に陥りました。

どちらの写真教室でも、食堂の奥に位置するミーティングルームで、私が今年の冬に撮影した千畳敷の画像と、千畳敷を基点に普通に歩ける範囲の大自然を撮影した四季の画像をプロジェクターでスクリーンに映し出すなど、写真の撮り方や、自然界についてご聴講いただきました。

その後は、参加者と写真談義を交わし、交流を深めることもでき、とても有意義な写真教室となった次第です。

次回の写真教室は、6月下旬から7月上旬を検討中とのことです。

開催が決まりましたら中央アルプス観光株式会社のホームページなどで参加の募集案内がはじまると存じます。

今冬の千畳敷へは、6回ほど訪ねましたが、そのつど自然の表情はさまざまで、絶妙な大自然の妙味を楽しむことができます。


今日は、そのときに参加いただきました2名の青年が、長谷アルプスフォトギャラリーをお訪ねくださいました。

話題豊富な方…、寡黙ですがしっかりと次代を見据えた方…、すばらしい両好青年の訪問にすっかり気をよくしました。

約3時間、写真や映像機器、撮影機材からはては人生の話にまで発展し、楽しい時間を過ごすことができました。お二人に感謝です。

そういえば昨日は、おもいがけず茅野市に居を構え、諏訪市の行政関係に勤務するNさんという好青年がお訪ねくださいました。

学業を終えた後、博物館や公民館などへ勤務し、諏訪地方のみならず近隣の方々にまで参加してよかった、と感じてもらえるイベントや講習会などを企画立案・実施まで手がけ、業績をあげた人でもあります。

彼の話は筋道がしっかりしているのは無論のこと、説得力の存在する内容と希望に眼を輝かせて語る口調に好感が持てます。

彼自らも休日には山野を歩き、さまざまな体験や経験を実践の場で学んでいます。もちろん考古学や歴史についても、机上で学ぶ姿勢を忘れない向上心が豊かな方でもあります。

話題の豊富さ、そしてなにより真摯な接し方が私には至福を運んでくれます。

昨日と今日、これらの青年に出会えた喜びを感謝したいと思います。

スポンサーサイト
プロフィール

Alps Photo Gallery

Author:Alps Photo Gallery
たくましく生きる者の姿を。
厳かにして優しい大自然の表情を。
山岳写真家津野祐次と長谷アルプスフォトギャラリーのスタッフが綴る信州伊那市長谷にある、長谷アルプスフォトギャラリーの日記です!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム