第37回写真展「水の美風景」が始まります

長谷アルプスフォトギャラリー第37回企画展

今回で37回目となる長谷アルプスフォトギャラリーの企画展の準備ができました。
今展は、夏の季節にあわせ「水の美風景」と題して、わが国屈指の名瀑や渓流、河川、湖沼など淡水の綾なす風景と、日本列島を取り巻く海景も展示します。

展示室全景
長谷アルプスフォトギャラリー展示室のほぼ全景


私たちの住む日本は、世界的にみても、谷川の水を直接飲むことのできる数少ない国です。
水はまた、ときとして仏の心を象徴します。

禅語にも登場する「曹源一滴水」、「水到渠成」などがそれにあたります。
人の道、人の生き方などを例えたものですが、釈尊によって悟りの境地が開かれ、達磨大師によって禅の根幹が成り、中国に伝わります。

しかし北周の武帝から大弾圧を受け、寺院は軍事施設や貴族の邸宅に、仏像は破壊され、経典は焼却。この暴政に僧侶は中国全土に散らばり、そのことで自然的に広がったのが禅といわれます。

礼拝する仏像もなく、帰依すべきものもなく、訪ね来る求道者には、さりげない日常の出来事に託して法を説いたといわれます。

展示室・3
滝・渓流・湖など大型のカラー写真が並ぶ


25年の歳月をかけ国内各地を撮影した「水の美風景」は以下の会期となります。

● タイトル 長谷アルプスフォトギャラリー第37回 津野祐次写真展「水の美風景」
● 会場   長谷アルプスフォトギャラリー 長野県伊那市長谷非持651-5
        電話026598-3016
● 会期   2010年7月3日(土)~9月26日(日) 8月13日~8月16日の毎日と、期間内の土・日曜・祝日・開館
● 開館時間 午前9時~午後5時
● 入館料  大学生以上一人100円(高校生以下無料)
● 展示数  全紙カラーパネル写真/18枚 B1カラーパネル写真/11枚
        1000×1500mmカラーパネル写真/3枚など 合計=33枚
● 内容   地球上に生息する生物にとって必要不可欠な水をテーマにしています。
年間降雨量が多いことで知られる九州…。大分県、佐賀県、熊本県、福岡県。飛沫が特徴的で美しい滝が存在する東北地方の秋田県、青森県、宮城県、山形県、栃木県、福島県。そして日本アルプスを取り巻く中部・北陸地方の山梨県、岐阜県、石川県、新潟県、長野県。さらに首都圏近郊の静岡県、愛知県、埼玉県。また三重県や和歌山県などを約25年の歳月をかけ、水の本質に迫ろうと取材を続けてきました。
その膨大な写真の中から自薦して、それぞれの県を代表する名瀑、河川、湖沼などの美しい水の風景や海景も含めて、大型カラー写真を主に展開しています。

展示室・2
展示室の奥から入り口付近を見る


スポンサーサイト
プロフィール

Alps Photo Gallery

Author:Alps Photo Gallery
たくましく生きる者の姿を。
厳かにして優しい大自然の表情を。
山岳写真家津野祐次と長谷アルプスフォトギャラリーのスタッフが綴る信州伊那市長谷にある、長谷アルプスフォトギャラリーの日記です!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム