№315 戸倉山

2015年1月28日(水)

皆様こんにちは

1月も後わずかとなりました

昨日は高校時代の友人、若かりし頃からの親友が午前と午後に
それぞれお訪ねくださり、とても懐かしい思いにひととき浸ることができました

今日は伊那市長谷と駒ヶ根市中沢に境をなす、
戸倉山を長谷から眺望してきました


雲の流れる戸倉山
雲の流れる戸倉山


戸倉山は標高1681m。南アルプスの前衛・伊那山脈の一峰
山容は日本一の富士山に似ることから伊那富士と呼ばれます

昔から信仰の山として地元民から慕われ、登られてきた歴史があります

山頂は二峰あり、駒ヶ根市側が西峰で不動尊像・摩利支天尊の石碑・石祠・石塔等が
あります
長谷側が東峰で標高が高く三角点があり、十蔵山と呼ばれます
山頂には十蔵薬師如来の石像が安置され、等身大の立派なものです

戸倉山の霊犬伝説の残る山として知る人ぞ知る山でもあります

登山道には、猿ノ松・金明水・天狗伝説ノ岩などの地名が残り、山岳信仰が色濃く残る山として、その存在を証明しています

どちらの山頂も展望は申し分なく、西からは中央アルプスと北アルプスが、東からは南アルプスが望まれます

駒ヶ根市中沢から登る中山コースは、中山老人クラブ山岳会の会員らによって、
よく整備されています

初夏のツツジ咲く頃、秋の紅葉期は登山するのにお奨めの季節となります


スポンサーサイト
プロフィール

Alps Photo Gallery

Author:Alps Photo Gallery
たくましく生きる者の姿を。
厳かにして優しい大自然の表情を。
山岳写真家津野祐次と長谷アルプスフォトギャラリーのスタッフが綴る信州伊那市長谷にある、長谷アルプスフォトギャラリーの日記です!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム