No.382 近況報告します

9月24日(土)

皆様こんにちは。
ブログを見てくださっている皆様、ギャラリーをお訪ねくださった皆様、
ありがとうございます。

今日は9月最終の土曜日、皆様いかがお過ごしですか。

午前中、大阪からお越しのご夫妻様が、昨日、仙丈ヶ岳に登山された帰路、お立ち寄りくださいました。
単独の男性も雨の中、ご高覧くださいました。

BSフジテレビ放映の「絶景百名山」空木岳の取材時の様子を以前ブログにてお知らせしました。
このたび放映日と時間が決まったそうで、担当のディレクター様より連絡がありました。

皆様には下記のようにお知らせします。
お時間が取れましたら是非、ご覧ください。

放送テレビ局名/BSフジテレビ
放映タイトル/絶景百名山「空木岳」
放映日/2016年10月2日(日曜日)
放映時間/17:00~17:55
以上です

週末から来週も皆様にはよいことがありますように。



神宿るブナ神様
神宿るブナ神様
長野・新潟県境の長野県側に広大なブナ林広がるカヤノ平があります。
その入り口付近に幹周り5㍍もの最大級の巨木が何本か立っています。
ひときわ大きなブナの前には祠が祀られ、このブナが神聖視されていることが
伺えます。雨が強く降っていましたが、このブナの前に立つと、小降りになり、
霧が立ちこめました。祠に二礼二拍手、神秘的な様相に感謝しつつ、
静にシャツターを切りました。




妻籠宿
妻籠宿
雨上がりは路面が濡れて、建造物と一緒に作画するには最高のステージ。
江戸時代に宿場制度が敷かれ中仙道の要のひとつ木曽路に
妻籠宿が設置されました。路面ぎりぎりにカメラを下げて撮影しています。





旅人と我名呼ばれん時雨かな
奈良井宿に旅人の時雨かな
浜松から来たという写真好きの女性、下駄の音をカランコロンと響かせ、
奈良井宿を歩いています。おりしも強い雨がコウモリを打ち、
えもいわれぬ情感が漂いました。





草を噛む牛
草を噛む牛




夏の名残の草原
夏の名残の草原




霧のブナ林
霧のブナ林
見慣れたブナの林は、霧の出現によって、いつもと異なる風景へと一変します。
露出をプラス側にかなり補正しつつ、ピントを慎重に合わせる。
画面内をシンプルに、余分なものをできる限り削除する作業に徹底、
構図を一瞬で決められるよう、普段の鍛錬を怠らないことが、
このような降雨の中では活かされます。




ブナの奇木・コブ太郎
ブナの奇木・コブ太郎
駐車場から北ドブ湿原方面へと約20分、ブナの森を進むと幹が変形したブナに遭遇。
とっさに「コブ太郎」と愛称を付け、呼ぶことにしました。
ブナの下へ座り込み、超広角レンズで上を覗いて作画。
幹に約50㌢と近づいているので、ピントをどこに合わせるか、
経験から約3㍍のところへ合わせました。シャッター速度は、
手振れしないぎりぎりの1/30秒、同カットを何枚も撮影して、
結果のよい写真を残すことにしました。




上と同じブナ
ブナの奇木・コブ太郎
上の写真よりもさらに近づいています。対角線魚眼レンズを
装着しているので、近くはより強調され、コブを抱く幹が
大きく描写されます。ピントはさらに手前、1㍍に合わせています。





ブナ妖艶
ブナ妖艶
コブ太郎よりもかなり古い巨木。雨に濡れた幹が艶やかに見えました。
表皮がつるつるしているので、雨が幹を伝って流れ下ります。
グレーの幹は艶めかしく、樹形もグロテスクでした。




霧の白樺林
霧の白樺林
白色の幹が特徴的なシラカバ。霧が森に立ちこめ、シラカバの背後に
霧が忍び寄ってきました。このような描写は難しい被写体ですが、
あえて挑戦してみました。カメラの設定の一つコントラストを上げ、
ハイライト部が輝くようにコントロールしています。
神秘的な霧のベールに感謝でした。

スポンサーサイト
プロフィール

Alps Photo Gallery

Author:Alps Photo Gallery
たくましく生きる者の姿を。
厳かにして優しい大自然の表情を。
山岳写真家津野祐次と長谷アルプスフォトギャラリーのスタッフが綴る信州伊那市長谷にある、長谷アルプスフォトギャラリーの日記です!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム