ギャラリー便り№59

鹿嶺高原の山頂で星空と日の出を堪能しました


8月11日未明、月明かりのない漆黒の中、長野県伊那市長谷にある鹿嶺高原へ上がりました。

天空には雲が約70㌫覆い、東の上空には星が瞬いていました。

展望塔に登り、大型三脚を立て、その上にカメラをセット。

まず1枚テスト撮影。

それをバロメーターに、シャッター速度、ISO感度、絞りを決定します。

画面内に対する雲の面積、雲の厚さの違いなどが画像に多大な影響を及ぼします。

30枚ほど撮影したところで、雲が多くなり撮影をいったん休止しました。


雲流れる星空
流れ雲と星と鋸岳



振り返り見るとはるか遠くに、伊那市の街明かりが光っていました。

中央アルプスも北アルプスもすべて雲の中に隠れています。

3時間ほど待ったところで雲が動きはじめ、東の空にふたたび星が現れました。

空が白み始めるまで撮影を続けたことは言うまでもありません。

今度は、黎明時特有の真紅の雲が出現。


黎明の鋸岳
黎明の空



ズームレンズの援軍に助けられ、様々な構図を組み立てて撮影しました。

日の出の後、持参した麦茶で喉を潤し、30分ほど休憩しました。

展望塔の階段に腰掛け、ぼんやり明け行く光景を眺めました。

ご来光を撮影した後、上空に造形的な高層雲が湧き上がってきたので、
こんどは、ダケカンバの木立の下に座って、見上げるように木と雲を作画しました。



岳樺に高僧雲
ダケカンバと雲
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Alps Photo Gallery

Author:Alps Photo Gallery
たくましく生きる者の姿を。
厳かにして優しい大自然の表情を。
山岳写真家津野祐次と長谷アルプスフォトギャラリーのスタッフが綴る信州伊那市長谷にある、長谷アルプスフォトギャラリーの日記です!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム