№95

4月9日



うっすら冠雪のこもれびの滝
うっすら冠雪の「こもれびの滝」



氷の粒
滝壺付近に飛んだ氷の粒



雪煙舞う御岳摩利支天と飛騨頂上
雪煙舞い上がる御岳摩利支天と飛騨頂上



落葉裸木の山肌
散り落とした裸木の森



4月に入ってから強風が吹いたり、かなり気温が低下したりと、
気象の変化が著しい長野県南部です。

4月になってから数回に渡り、木曽地方を訪ね、この季節の風物をカメラに収めてきました。

3月下旬、暖かな雨が幾日も続いて残雪と氷が溶け、そこへ4月の冷え込みがあって、
雪が降ったり、滝周りの飛沫が凍り付いたりしていました。

飛騨川源流部では数メートルに及ぶ積雪が巨岩や、川床の石に積もり、雪深い奥飛騨地方独特の川景色にも遭いました。



たっぷり冠雪の奥飛騨川最上流



さらに強風が雪面を削り取って出現した風紋が標高2000m付近に現れ、アルプスの稜線上に出現するシュカブラ(風紋)とは一味異なる風物を目にすることもできました。



風紋と御岳山



しんしんと降る雪が風にひらひらと舞う…。
そんな叙情的な光景にも遭遇しました。



冬の木立に降雪



雪原の樹影と乗鞍岳
雪原に樹影とすっぽり冠雪の乗鞍岳



伊那市長谷では梅の花がこれからです。
山間の集落では春の訪れが遅く、今年はさらに遅い春の訪れとなっております。

しかし季節は必ずめぐってきます。
いっせいに花開く季節はもうそこまで来ています。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Alps Photo Gallery

Author:Alps Photo Gallery
たくましく生きる者の姿を。
厳かにして優しい大自然の表情を。
山岳写真家津野祐次と長谷アルプスフォトギャラリーのスタッフが綴る信州伊那市長谷にある、長谷アルプスフォトギャラリーの日記です!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム