9月26(水)


早朝に発って八ヶ岳南麓の富士見町から北杜市の山間にある牧場を目指し、鉢巻道路を走りました。

この時期は、日の出の太陽が夏よりも北へと移動したせいもあって、南アルプスの北部名峰・甲斐駒ヶ岳( 長野県の伊那地方では東駒ヶ岳と呼ぶ)や鋸岳、北岳などに斜光線が射し、光と影による山肌に襞が生じ、立体感をかもし出していました。


甲斐駒ヶ岳と雲
甲斐駒ヶ岳と雲


上空には高層雲が湧き、周囲の木立には紅葉がわずかながらはじまっていました。

初秋の八ヶ岳です。


獅子岩と南八ヶ岳
獅子岩と南八ヶ岳


佐久市には国の重要文化財に指定される神社仏閣が幾つかあり、訪ねてみました。

七堂伽藍を有する貞祥寺を訪ね、長野県の重要文化財に指定される、惣門・山門を観、一段高いところに建つ三重塔を拝観しました。


県の重文・貞祥寺の山門
重要文化財・貞祥寺の山門


入口の苔むす石段を上った左手には、島崎藤村旧宅が建ち、落ち着いた女性二人が『いろり』に薪を燃やし、自由に上がってくださいね、というお誘いにお邪魔しました。

床の間の部屋で藤村が北の障子から射しこむ光を好み、小説を執筆したり、読書を楽しんだり、日永一日を過ごしたと説明書きがありました。
また、床の間にはお気に入りの古代中国の詩人・杜甫の掛け軸を掛けていたようです。

次に訪ねたのは新海三社神社と呼ばれる佐久の総社。
佐久地方を開拓した興波岐命を主神に、健御名方命と事代主命の三神を奉ることから三社という神社の名があるといいます。
新海は、新開神(にいさくのかみ)が語源で、にいさくから佐久の名があるそうです。

参道の正面の石段を登ると立派な拝殿が、その右に神楽殿が建ち、拝殿のうしろには、朱塗りの西本社と中本社の本殿が建っていました。

右手には重要文化財の東本社が建ち、その一段上後方に重要文化財の三重塔が座っていました。


重文・新海三社神社東本殿
重要文化財・新海三社神社東本殿


重文・新海三社神社三重塔
重要文化財・新海三社神社三重塔



さらに湯川の東側崖の上に建つ、懸崖造りの神社・鼻面稲荷神社を訪ねました。

京都の伏見、愛知の豊川、佐賀の祐徳、茨城の笠間と共に日本五大稲荷のひとつ、といわれるだけあって、参拝する人が絶えないといいます。
私が訪ねたときも、二十歳ほどの女性とそのお母さんらしい二人、そしてご年配の女性ひとり、二組の参拝者と会いました。

緑色の落葉樹の中に一際映える朱塗りの鳥居が林立する参道を登ると、拝殿の前には狛狐の御姿殿が右にあり、崖の上に造られた拝殿を進んで、本殿に参拝しました。建物の西側には旧本殿が建ち、そちらにも参拝。


鼻顔稲荷神社
湯川の対岸から鼻顔稲荷神社の懸崖社殿造りを総観する


鼻顔稲荷神社拝殿
鼻顔稲荷神社拝殿


神社仏閣とは離れるが、ここで国の史跡のひとつ、重要文化財に指定される旧中込学校を訪ねました。
白い洋館風の建物はおしゃれなたたずまい、屋根の中央にある八角塔に太鼓を吊るし、時を告げたことから太鼓楼とも呼ばれ、当時としては珍しいガラスを使用したので、ギヤマン学校とも呼ばれたそうです。
建築は明治8年、国内最古級の洋風建築学校として知られます。一見の価値ある建造物といえましょう。


重文・旧中込学校
旧中込学校


この日、最後に訪れたのは御代田町の真楽寺。
用明天皇の命により、浅間山の噴火を鎮めるために祈願して587年に建立。いまから1400年も前のこと、幾多の伝説と長い歴史に秘められた寺院です。

仁王門には室町時代作の金剛力士木像が安置され、茅葺屋根の歴史的価値の高い門。
これを潜り、スギの巨木が林立するうっそうとした寺域に入り、石段を上ると観音堂が建っていて、まずは参拝をしました。

観音堂の左手前には、等身大・牛の石像が建ち、右手の奥には樹齢1000年を越す神代杉が立っていました。
さらにその奥に、重要文化財の三重塔が端正な姿を見せてくれました。


真楽寺観音堂と牛の石像
真楽寺観音堂と珍しい牛の石像


重文・真楽寺三重塔
重要文化財・真楽寺三重塔



観音堂の裏には弁慶の腰掛けの松、と書かれた枝振りのよい松が立っていて、巨大な盆栽の様相でした。

仁王門の手前には大沼の池、と呼ばれる名水が湧水する神秘な池があり、毎年7月最終土曜日に竜神祭りが行われるようです。
長野県の名水・秘水15選のひとつに数えられています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Alps Photo Gallery

Author:Alps Photo Gallery
たくましく生きる者の姿を。
厳かにして優しい大自然の表情を。
山岳写真家津野祐次と長谷アルプスフォトギャラリーのスタッフが綴る信州伊那市長谷にある、長谷アルプスフォトギャラリーの日記です!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム