№133

10月9(火)


皆様、3連休はいかがお過ごしでしたか。
あっという間に終わりましたね。

この3連休、長谷アルプスフォトギャラリーでは、多くのご観覧の皆様で賑わいました。
お訪ねくださいました皆様に、心から感謝します。
ありがとうございました。

さて、今日は朝5時に長谷を発って一路、栂池自然園を目指しました。
リフト乗り場に7時に到着。
30分もすると乗車券売り場があき、早々に往復乗車券を購入。
8時発の一番が点検のために30分ほど発車が遅れるアナウンスがあり、
待っていた人たちからいっせいにため息が出ました。

たまたま一緒になった箕輪町写真クラブの会長さんと、栂池自然園やカメラの話にまで話題が及び、待ち時間を退屈せずに過ごせました。

リフトとロープウェイを乗り継いで自然園の入口へ上がり、最奥の展望台まで登りました。遊歩道をありったけ、縦横無尽に歩きながら撮影ポイントを探しました。

明日は飯田市にある信南交通株式会社はーとべるツアーの主催する『秋の栂池自然園を撮る』一日写真講座が開催されます。

お申し込みをいただきました皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

ビジターセンターから自然園へ入りますが、入ってすぐの水ばしょう湿原をまず一周しながら、山の斜面のダケカンバやナナカマドの紅葉する森を作画しましょう。


それぞれの紅葉


望遠レンズで、印象的な部分を切り取るとよいでしょう。
被写界深度をそれほど必要としない被写体なので、ここではオートフォーカスの出番です。

次にワタスゲ湿原を左側から右の斜面を狙うとよいでしょう。
造形的なダケカンバが見つかりますよ。


貴公子を彩る紅葉


浮島湿原では湿原に映える対岸の林と湿原の周囲の枯れた植物の草原を、うまく作画してみましょう。


草原と紅葉の森


展望湿原は、晴れていれば眼前に白馬槍ヶ岳などが圧巻です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Alps Photo Gallery

Author:Alps Photo Gallery
たくましく生きる者の姿を。
厳かにして優しい大自然の表情を。
山岳写真家津野祐次と長谷アルプスフォトギャラリーのスタッフが綴る信州伊那市長谷にある、長谷アルプスフォトギャラリーの日記です!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム