№145

11月17(土)

皆様こんにちは。
大陸からの寒気流入に伴い、はっきりしない天候がこのところ続いております。

今朝は未明から降り始めた冷たい雨が降っております。

皆様には寒暖の差に負けず、お元気で日々お過ごしのことと存じます。

長谷アルプスフォトギャラリーでは、建物の周囲や敷地内を囲む落葉広葉樹木が黄金色や朱色に染まり、それが少しずつ落葉をはじめました。

風が吹いたり、雨が降ったり、朝の冷え込みによる降霜などによって、落ち葉が大地に還ります。
林床にはさまざまな色をつけた葉が、まるでジュータンを敷き詰めたように広がる光景がもう間もなく見られます。

昨日は、天候不順な中、一日中快適な好天に恵まれる予感がして、中央アルプスの千畳敷から伊那前岳、主峰の西駒ヶ岳(木曽駒ヶ岳)のすぐ南に座る中岳、そして宝剣岳西壁核心部・宝剣岳山頂付近まで登りました。
強風のため山頂を踏むのを断念。

中央アルプス観光㈱、ロープウェイに従事する方にとてもお世話になりました。
ここに厚く御礼申し上げます。

昨日撮影した冬山の姿を、皆様に少し紹介しますね。


駒ヶ根高原から見る宝剣岳
駒ヶ根高原から望む宝剣岳。ただ白い山に見えている。


乗越浄土付近から見る宝剣岳
千畳敷から八丁坂の急斜面を登り上げた乗越浄土付近から見た宝剣岳


風紋の彼方に空木
強風が彫刻刀の役目をし雪面を削り取って出現したシュカブラ(風門の一種)
遠景に空木岳


伊那前岳付近のピーク
伊那前岳付近のピーク
小ピークの周りは風が強く、吹き溜まりの雪に波模様のシュカブラが発達


宝剣岳とその守護神・天狗岩
宝剣岳と守護神・天狗岩
絶えず強風が吹き続ける山稜の西側には大気中の水分が岩に張り付いて発達を続ける。
その形状は海老てんぷらの尻尾に似ているので、「エビのシッポ」と呼ばれる。
天狗の横顔に似る奇岩・天狗岩が宝剣岳の西に寄り添う。
その右の三角錐の山は三ノ沢岳。はるか遠くには中央アルプス南端の恵那山が座る。


岩氷に覆われた宝剣岳
岩氷に覆われた宝剣岳
エビのシッポをアップで見ている。このときは約30cmに発達。この時期としては珍しい。


岩氷に覆われた西駒ヶ岳と中岳
岩氷に覆われた西駒ヶ岳と中岳


宝剣岳付近の岩稜帯は厳しい冬将軍到来とともに岩は凍りつき、白い珊瑚礁のような世界が見られます。
そして雪は静かに降るのではなく、絶えず強風が吹くので、雪面には模様が描かれ、
霧氷や岩氷とともに冬の風物となって、人知れず展開しています。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Alps Photo Gallery

Author:Alps Photo Gallery
たくましく生きる者の姿を。
厳かにして優しい大自然の表情を。
山岳写真家津野祐次と長谷アルプスフォトギャラリーのスタッフが綴る信州伊那市長谷にある、長谷アルプスフォトギャラリーの日記です!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム