№272 出雲大社の巻 

2月21日(金)

皆様こんにちは
先週の金曜日から土曜日にかけて降り続いた大雪は、想像を絶する積雪量をもたらし、各地で過去を大幅に上回る積雪量を記録しました。
交通網が寸断され、いまも生鮮食料品などに品不足が生じるなど、各方面に多大な影響が出ております。

皆様には、雪による被害などなかったですか。
お見舞い申し上げます。

さて、当ギャラリーは雪かきも終わり、アプローチの道路も整備が整いました。

本日、下記にアップさせていただきます出雲・鳥取・姫路地方は、個人的な話になりますが、この20年来、訪ねたい地としていた地域です。

特に出雲地方は、古事記にも登場する地として知られ、夢にまで見た社でした。

何回かに分けてアップします。
お楽しみいただければ幸いです。


巨大な天空の社を髣髴とさせる建造物
残月と朝日に染まる本殿
残月と朝日に染まる出雲大社本殿


出雲大社の巻
出雲大社の歴史は古く、神代の時代まで遡ることができます。記紀神話によれば、大国主命(おおくにぬしのみこと)が高天原(たかまがはら)の使者に国譲りを行う際、その代償として、天孫が住むのと同じくらい大きな神社を建てて欲しいと強く求め、造営されたのが出雲大社の始まりとされています。
このとき、高天原の天照大神(あまてらすおおみかみ)は、第二子の天穂日命(あめのほひのみこと)を出雲に派遣して大国主命に仕えさせています。その子孫は代々、出雲国造(いずもこくぞう)として、出雲大社の宮司職を世襲し、守っているといいます。
延喜式神名帳には「出雲国出雲群杵築大社(きづきたいしゃ)」と記載されていましたが、明治4年に出雲大社と改称されました。
出雲大社は、三重県の伊勢神宮と並び立ち、わが国ではもっとも有名であり重要な神社のひとつ。伊勢神宮が高祖天照大神を祀る日本の宋廟であるのに対して、出雲大社は国作りと、国譲り神話の核心に迫る大国主命を祀っています。
60年に一度の平成の大遷宮も無事終わり、異例の規模を誇る御本殿の大屋根葺き替えも行われ、真新しく生まれ変わって来る60年後まで大国主命が鎮座しています。
国宝に指定される現在の出雲大社本殿は、江戸時代に建てられたもの。高さは24m、神社建築としては想像を絶する規模です。しかし、平安時代には見上げるばかりの巨大さであったといいます。なんと48mの高さというから驚きです。
なぜこのような天にそびえる空中・高層社殿が必要だったのか、その謎は現在でも解明されていません。

出雲大社はまた神道の発祥の地として知られます。神道は日本の風土から生まれた日本固有の宗教です。古来より日本人は天地自然の中にこそ神が存在すると信じ、八百万の神々を見出してきました。そして畏敬の念で接し、自然を征服するのではなく、自然と共に生きてきました。人々は、自然の恵みや猛威は神々の力によるものと信じ、神々に五穀豊穣や安泰、さらに幸せを希い、感謝と祈りをささげました。
生活に根付いた神道は、このような自然崇拝ばかりではなく、清浄を重要視する神道の根本理念を無意識のうちに内包している面があります。
入浴や衣服を洗うことで身体と心までも清められたと感じ、すっきりとした気持ちになります。こうした清めの行為は、神道の言う禊・祓えの観念と見事に合致します。
人々は、人生のさまざまな節目には必ず神社を訪れ、神に感謝と祈りを捧げます。
人生儀礼はこのように神社を主に行われ、神社は日本人の生涯にとって欠くことのできない存在となっています。

神道の創始者は天照大神であり、孫の邇邇芸命(ににぎのみこと)に稲穂を渡し、それを育てることを委託しました。稲作は四季という自然の理法に従いまず春に籾を蒔き、苗を植えます。稲が成長する過程では、水田に雑草が生えてきます。このとき自然に逆らい雑草という悪を取り除きます。
このように神道には自然に従うことと自然に逆らうことの二つの側面が存在します。
雑草(悪)をとることで稲(善)が育つのを助けます。生むだけではなく育てるところに道ができるというのが、神道の根本的な教えなのでしょう。


ご来光と出雲大社本殿
ご来光と出雲大社本殿



朝日を浴びる本殿
朝日を浴びる本殿


御神木
御神木



大国主命
大国主命



人々が立ち入ってはいけない神域の境を表すのが注連縄です
大注連縄
大注連縄



朝の出雲大社境内
朝の出雲大社境内



本殿
大遷宮が終わり新しく葺き替えられた屋根が優美

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Alps Photo Gallery

Author:Alps Photo Gallery
たくましく生きる者の姿を。
厳かにして優しい大自然の表情を。
山岳写真家津野祐次と長谷アルプスフォトギャラリーのスタッフが綴る信州伊那市長谷にある、長谷アルプスフォトギャラリーの日記です!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム