No.384 近況報告

10月22日(土)

皆様こんにちは。
10月に入り例年の寒さとなりましたが、ここ1週間ほどは夏のような暖かさになり、一日の気温の差の変化に驚かされるこのごろです。
すでに10月も下旬となりまして、日没の時間が早くなってきました。

9月下旬は中央アルプスや南アルプスの稜線、そして森林限界の紅葉風景を狙い、日を追うごとに紅葉前線は山肌を下るのに合わせ、紅葉の美しい大自然を巡っております。

時には雨の中であったり、霧に煙る光景であったり、抜けるような青空に造形的な高層雲が出現したりと、気象の差の激しい大自然に振り回されつつ作画を楽しんでいます。

そんな中、心が晴々する出合いもありました。

八ヶ岳の白駒池を訪ねたときです。湖面に映える紅葉と雲を作画しておりました。
撮影が終わり振り向くと若い女性が3人立っていたのでした。
邪魔したことをお詫びし、撮影した画像をカメラのモニターでご覧いただきつつ、目の前をウロチョロした理由を説明したのでした。
ところが画像の美しさに驚かれ、タブレットやスマホで撮影しても思うように写らないというのです。
そこで戻ってから画像をお送りする約束をし、メールで送信させていただきました。
後日、丁寧な礼状と感想がつづられたメールの返信がきました。
その文面の中から、すばらしいお仕事をされている皆様ということが判明しました。
お仕事というより、聖職でしょうか。癌におかされた患者さんを懸命に治療する手助けを行う皆様でした。
命の尊厳について真剣に学び、それを実践することで尊い生命をいかにまもるか…。
患者さんの心に寄り添い、共に痛みを共有し、充実した日々を過ごせるよう精進しているのだと感じます。
このような心ある人たちに巡り会えて、本当に良かったです。

どうかお仕事大変かもしれませんが、ご自分の納得できる聖職をまっとうしてくださいね。
そして自らの身体もご自愛ください。


今月は23日(日)、29日(土)、30日(日)と津野がギャラリーの当番を務めます。

現在の企画展『山岳の詩』中央・南アルプスの秋から冬の写真展は、今月の31日までとなりました。まだご覧になっていない皆様、今月いっぱいは毎日開館しておりますので、ぜひご高覧ください。
お願い致します。


今秋撮影した中央・南アルプスの秋景色と八ヶ岳白駒池を下記に少しですがアップします。
お楽しみいただけますれば幸いでございます。



主稜のハイマツ帯から主脈と空木岳を望む
中央アルプス主稜のハイマツ帯から主脈と空木岳を望む



イワヒバリ
イワヒバリ風に吹かれて



木曽駒ヶ岳馬ノ背を彩る紅葉
木曽駒ヶ岳馬ノ背を彩る紅葉



東駒とアサヨ峰を彩る紅葉と雲
南アルプス東駒とアサヨ峰を彩る紅葉と雲



紅葉彩る仙丈ヶ岳
ウラシマツツジの紅葉彩る仙丈ヶ岳



岳樺の黄葉輝く東駒ヶ岳
岳樺の黄葉輝く東駒ヶ岳



青空に雲映える東駒と仙丈ヶ岳
青空に雲映える東駒と仙丈ヶ岳




白駒池の湖面に映える紅葉と雲
白駒池の湖面に映える紅葉と雲




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Alps Photo Gallery

Author:Alps Photo Gallery
たくましく生きる者の姿を。
厳かにして優しい大自然の表情を。
山岳写真家津野祐次と長谷アルプスフォトギャラリーのスタッフが綴る信州伊那市長谷にある、長谷アルプスフォトギャラリーの日記です!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム