No.407 花の大西公園

4月29日(土)晴/曇

みなさまこんにちは。
いつもブログを見ていただき、あるいはお訪ねいただき、ありがとうございます。

昨日は長野県の佐久を通り内山峠から群馬県の妙義山へ行ってきました。

季節がどんどん進み、安中市ではもうフジの花が咲いていました。
夏がやってきたのだと感じる1日でした。

5月がすぐですね。長期間にわたるGW、皆様はいかがお過ごしの予定ですか?

お訪ねくださる皆様とお会いしたいと思いまして、GWは津野が長谷アルプスフォトギャラリーで管理人を務めます。

長谷地区を通り天竜川へと流入する三峰川の水は美しく、里山の若葉は日ごと緑色を増しています。

仙丈ヶ岳と東駒ヶ岳を眼前に望むことのできる展望台・鹿嶺高原への林道が数日前に開通し、
マイカーで上がることが可能となりました。

伊那地方の長谷へお越しになりませんか。お待ちしております。

大鹿村の大西公園周辺を1日取材した写真を下記にアップします。
撮影した画像の一部ですが、写真の構図につきまして、皆様と一緒に考えてみたいと思います。



小渋川と桜咲く大西公園
小渋川と桜咲く大西公園
美しい水色の渓流を湛えた小渋川、この時期はもっとも水かさが増す。
流れに足を取られながら川の中へ大型三脚を立てて作画。
低速シャツターを使い、水の流れを表現。雲を上部に桜咲く公園を左に配置。
遠近感を拡大させる構図を作っている。



大崩落した大西山と桜
大崩落の大西山と桜花
大西山が大規模な山崩れを起こし、その土砂が小渋川左岸に堆積、その地に大西公園ができた。
亡くなった方が大勢おられて、その惨事を忘れてはならないとして桜を植樹、後世に伝えている。
右岸に植えられた桜を画面上空に、大西山と大西公園を下部に配置させている。



華やかに咲き競う花桃
華やかな花桃
大西公園からわずかに小渋川をさかのぼった左岸高台に、花桃の巨木が何本か立っている。
花桃だけに的を絞って作画。様々な色の花をパランスよく、配置させてみた。



桜さくらの大西公園
桜咲き競う大西公園
ソメイヨシノの白い花の桜と白銀の赤石岳を作画。白い花なので、露出はプラス側へ補正。
全体が暗くならないように配慮。空を埋めるように弧を描くような桜の枝を選び、それを強調。



花桃と雲と赤石岳
花桃と雲と赤石岳
赤い花桃を画面の下へ配置させて白銀の赤石岳が浮かぶように構図を作っている。
広角レンズとはいえ、手前から背後の山にまでピントの合う被写界深度をとるため、
レンズの絞りを最大にし、ピントは中間に合わせることで画面全体にピントを合わせている。
左側下部に花桃を、右側上部に雲を配置させ、対角線上に花と雲の相反する被写体を組み立て、
バランスを取ってみた。黒っぽい被写体は画面の下へ、明るい被写体は画面の上へ構図を取ると
画面全体が安定する。




大河原と赤石岳を背後に咲く花桃
大河原と赤石岳を背後に咲く花桃
赤石岳の上空に赤い花桃の枝を左から右へと配置させている。
赤い花に対し、枝の黒い線をいかに画面内に描くか?
枝ぶりを注意深く観察して捉えている。
こちらも絞りは最大、被写界深度を深くし、画面全体をシャープに描写。
形を強調させる構図を作る写真の場合は、ボケた部分を画面に入れないことがコツ。




青空に枝を広げる花桃
青空に枝を広げる花桃
こちらは赤い花桃の枝先を青空いっぱいに配置させている。花桃の花を
デザインする感覚で青空のキャンバスに描くように画面内のバランスを
重要視して構図を作っている。注意点は、絞りが浅いと一部しかピントが
合わないので、被写界深度を深くするため、最大に絞っている。





地を這う花桃の幹と桜
地を這う幹と桜と花桃
こちらも赤い花桃をテーマに作画しているが、変形した幹を強調させている。
遠近感を表現しつつ、幹の造形的な部分を抽出している。
大鹿村という南アルプス西麓の気候は、冬の季節が特に厳しい地であり、
そのような環境に、年輪を重ねた花桃の生命力を活写したい意図を
写真の背後に託したかった目的もあった。

今回、あえて同じ赤い花桃を被写体として取り上げた。ちょっとしたカメラアングルの違いや、
遠景の山の画面内における位置の差が、写真表現には大きく反映が変わる。
表現意図を明確にして作画に臨むとよいでしょう。
花桃に限らず、被写体を見つけたら、様々な角度から目視して検討し、
もっとも表現意図にかなう位置を探すことがまず優先される。
その上で、レンズの選定、カメラ機構を的確にコントロールをし、
シャツターチャンスを逃さず作画することが大切になるのではないでしょうか。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Alps Photo Gallery

Author:Alps Photo Gallery
たくましく生きる者の姿を。
厳かにして優しい大自然の表情を。
山岳写真家津野祐次と長谷アルプスフォトギャラリーのスタッフが綴る信州伊那市長谷にある、長谷アルプスフォトギャラリーの日記です!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム