No.408 春本番

5月6日(土)曇


ブログを見てくだっている皆様、
長谷アルプスフォトギャラリーをお訪ねくださいました皆様、

ありがたく厚く御礼申し上げます。

月日の過ぎ去る速さに驚くこのごろです。

すでに5月となりまして、GWもフィナーレが近づいてきました。

この連休は津野が管理人を務めさせていただいておりました。
明日の7日(日)は親戚の1周忌がありまして、管理人が変わります。

伊那市高遠町に住むHSさん、HKさん、箕輪町のTさん、木曽町のSさん、Mさん、岐阜県美濃加茂市のMさんご夫妻、愛知県一宮市のMさん、山梨県中央市のNさんご家族、長崎県壱岐市のKさんご夫妻、飯田市のOさんご夫妻、同じくKさんご夫妻、埼玉県川口市のAさんご夫妻、伊那市山寺のSさん、松川町のMさん、駒ヶ根市からのご家族4名様、愛知県からの若いカップル様、ほか大勢の皆様がお訪ねくださり、お会いすることができまして、とても幸せでした。

辰野町赤羽にお住いの男性Mさんは「月刊かみいな」に連載中の『上伊那日和』を初回号からすべてストックされていることをお伝えくださいました。12年と5ヶ月の連載ですから149回になります。
Mさん、本当に有難うございます。
この5月号に掲載した気の里・分杭峠の写真、実際撮影した現場へお訪ねいただいたと、うかがいました。
これからも心地よい風景をお届けできますよう、がんばります。

伊那市長谷非持ご出身で練馬区で医療関係にて活躍されているNさん、お会いでき、ゆっくりお話をうかがうことができまして、うれしかったです。「少年の頃は、自然界に見向きもしなかったけれど、最近は自然の佇まいを目にすると心にしみます」と、コメントをいただきました。きっとNさんの心が美しいからだと思います。誠実な方とお見受けしました。
ブログを楽しみに見て下っていて、前回アップさせていただいた大鹿村の大西公園を訪ねられたとお聞きしました。鹿嶺高原にも上がられたとか、期待して行って来られたのですね。

ブログにて紹介するさまざまな地につきまして、責任の重さを痛感しました。
地元の状況をこれからも紹介してまいります。引き続きまして、よろしくお願いいたします。

仙丈ヶ岳の馬の背ヒュッテに本年度から管理人を務められるSさん、準備のお忙しいところお立寄り下さり、ご挨拶いただきましたこと恐縮至極に存じました。

Sさんは素敵な方で、昨年、北アルプスの北端・糸魚川から入山して北アルプスを縦走、続いて中央アルプス、八ヶ岳、南アルプスと、それらをつなぐ山々もすべて走破されたそうです。その日数は55日間といいますから凄いです。

精神力、体力、技術力、登山に必要な英知ばかりか、人を思うやさしさと、ご自分にとことん厳しい強さを持ち合わせた方なのだと、言葉の端はしに感じることができました。

きっとすばらしい山小屋になることと期待しております。
山小屋が今年のオープンを迎えたらお訪ねしますね。

私がご指導いただきお世話になった先輩の友人に、スイスアルプスからヒマラヤ山脈をすべて人力で走破した方がおられます。なんと25年以上の歳月をかけたそうです。
その後は、日常の生活に戻るのに何年もかかったと聞いています。
浦島太郎状態だったことでしょう。
並の人間には到底できないことです。

古代中国の詩聖李白は、世界の陸地面積の約1/5を有した古代中国を、彼は一生をかけて、ほんとんどの地を走破したとされ、実践の詩人として後世に称えられています。
道路整備もなく、病院もなく、宿泊施設もない、そんな時代に旅を続けたこと、苦難の道のりは想像もできません。

けれども我が国の文芸に多大な影響を与え、彼を追慕した能因、西行、芭蕉、蕪村などへ連綿とつながってゆきます。

歌聖・西行は、その時代、宮廷内で歌枕の地を想像して詠むのが通常でしたが、北面の武士という超エリートの道を捨て、歌枕の地を自らの足で歩き、自身の目で観、歌を吟じた文人です。

生涯に詠んだ歌の中では花の歌、恋の歌が多いようですが、半分以上が桜の和歌です。

桜を観察するために吉野に庵を編んでその地に住み、桜の花びらまで食べたという逸話がのこります。

西行はまた、鎌倉では源氏の棟梁・頼朝と談合、陸奥の藤原氏を訪ね、全山桜といわれていた束稲山を観桜したり、歌枕の地・塩釜桜を訪ねたり、古代における太宰府、奈良、多賀城、三政庁の政治的拠点のひとつ、多賀城ではどんな思いで見つめたのでしょう。付近には古歌に詠まれた歌枕の地が目白押しとなっております。
いろいろと興味がわきます。

それから約500年後に俳句革命を成し遂げた俳句のパイオニア・松尾芭蕉が台頭します。
彼もまた西行の跡を追い、陸奥へ旅して名著「奥の細道」を遺しています。
源義経、源義仲に傾倒して木曽や、藤原氏の拠点・平泉を訪ね、「夏草や兵どもが夢のあと」「五月雨にふりのこしてや光堂」、「閑けさや岩にしみいる蝉の声」などの名句を生み出しています。
この旅では2400キロを歩いています。彼は人生の中で、合計4800キロの旅をしますが、その半分を奥の細道に費やしていますから、陸奥にかける強い思いを感じます。
旅の3年後に病に倒れ、永遠へと旅立っています。
「旅に病んで夢は枯野をかけめぐる」が辞世の句です。

弟子たちに遺言を残しますが、門弟らは遺言通り、源義仲の眠る義仲寺に芭蕉を埋葬しました。
源氏の覇者となるべき正当な血統を持つ義仲の悲哀な人生に敬慕したのではないかと推察できます。

与謝蕪村は、芭蕉の名声を世に知らしめたと言っていい人物。色彩美あふれる句と俳画があまりにも有名です。
「春の海ひねもすのたりのたりかな」など彼の句を知らない人はいないほどの名句を遺しています。

その後は、種田山頭火の自由律俳句なども生まれ、ますます詩の世界は多彩になります。
ふっと心の奥深いところから漏れ出すような言葉、ため息、そういったものをストレートに文字に変え表現しました。
それが鑑賞する人の心を打つのでしょう。
「鉄鉢のなかにも霰」、「分け入っても分け入っても青い山」、「雨降るふるさとをはだして歩く」など季語、切れ字もなく、五七五の文字数にもこだわらない自由奔放な句が光彩を放ちます。

彼と同時代に生きたもうひとりの自由律俳句の先駆者を忘れることはできません。尾崎放哉です。
山頭火と放哉、お互いにお互いを意識しあっていたようですが、会うことはなかったようです。
二人は人生の境遇、俳句までも似ています。

放哉は肺の病に侵され、奥さんが迎えに来るのを待ちつつ庵で生涯を終えます。
「咳をしても一人」、「入れものがない両手で受ける」、「障子しめきって淋しさをみたす」、「心をまとめる鉛筆とがらす」、「とんぼが淋しい机にとまり来てくれた」などは好きな句です。

随分と話が逸れましたが、山小屋の管理人を務めるSさんの山旅をお聞きし、このような文学の系譜が頭に浮かんだ次第です。


さて、今日はいままでになく長いブログとなってしまいました。読んでくださりありがとうございます。

最近取材した地の中から少しですが下記へアップさせていただきます。
お楽しみいただけますと幸いです。




岩峰を彩るそれぞれの木花と若葉
岩峰を彩るそれぞれの木花




菜の花の咲く水田に映える残雪の中央アルプス
菜の花咲く水田に映える残雪の中央アルプス




遅い春を迎えたシダレサクラと八ヶ岳
遅い春を迎えた垂れ桜と八ヶ岳




青空に熱気球と北アルプス
青空に熱気球と遠く北アルプス




千曲川の清流と獲物をもらう鷹
千曲川の清流と獲物を狙う鷹




伊那米の水田地帯を見守る中央アルプス
伊那米の水田地帯を見守るように残雪の中央アルプス




岩と化した御仏を取り巻く木々
岩と化した御仏を取り巻くような木々




淡い若葉と障立する妙技山
淡い若葉をまとう木と障立する妙義山









No.407 花の大西公園

4月29日(土)晴/曇

みなさまこんにちは。
いつもブログを見ていただき、あるいはお訪ねいただき、ありがとうございます。

昨日は長野県の佐久を通り内山峠から群馬県の妙義山へ行ってきました。

季節がどんどん進み、安中市ではもうフジの花が咲いていました。
夏がやってきたのだと感じる1日でした。

5月がすぐですね。長期間にわたるGW、皆様はいかがお過ごしの予定ですか?

お訪ねくださる皆様とお会いしたいと思いまして、GWは津野が長谷アルプスフォトギャラリーで管理人を務めます。

長谷地区を通り天竜川へと流入する三峰川の水は美しく、里山の若葉は日ごと緑色を増しています。

仙丈ヶ岳と東駒ヶ岳を眼前に望むことのできる展望台・鹿嶺高原への林道が数日前に開通し、
マイカーで上がることが可能となりました。

伊那地方の長谷へお越しになりませんか。お待ちしております。

大鹿村の大西公園周辺を1日取材した写真を下記にアップします。
撮影した画像の一部ですが、写真の構図につきまして、皆様と一緒に考えてみたいと思います。



小渋川と桜咲く大西公園
小渋川と桜咲く大西公園
美しい水色の渓流を湛えた小渋川、この時期はもっとも水かさが増す。
流れに足を取られながら川の中へ大型三脚を立てて作画。
低速シャツターを使い、水の流れを表現。雲を上部に桜咲く公園を左に配置。
遠近感を拡大させる構図を作っている。



大崩落した大西山と桜
大崩落の大西山と桜花
大西山が大規模な山崩れを起こし、その土砂が小渋川左岸に堆積、その地に大西公園ができた。
亡くなった方が大勢おられて、その惨事を忘れてはならないとして桜を植樹、後世に伝えている。
右岸に植えられた桜を画面上空に、大西山と大西公園を下部に配置させている。



華やかに咲き競う花桃
華やかな花桃
大西公園からわずかに小渋川をさかのぼった左岸高台に、花桃の巨木が何本か立っている。
花桃だけに的を絞って作画。様々な色の花をパランスよく、配置させてみた。



桜さくらの大西公園
桜咲き競う大西公園
ソメイヨシノの白い花の桜と白銀の赤石岳を作画。白い花なので、露出はプラス側へ補正。
全体が暗くならないように配慮。空を埋めるように弧を描くような桜の枝を選び、それを強調。



花桃と雲と赤石岳
花桃と雲と赤石岳
赤い花桃を画面の下へ配置させて白銀の赤石岳が浮かぶように構図を作っている。
広角レンズとはいえ、手前から背後の山にまでピントの合う被写界深度をとるため、
レンズの絞りを最大にし、ピントは中間に合わせることで画面全体にピントを合わせている。
左側下部に花桃を、右側上部に雲を配置させ、対角線上に花と雲の相反する被写体を組み立て、
バランスを取ってみた。黒っぽい被写体は画面の下へ、明るい被写体は画面の上へ構図を取ると
画面全体が安定する。




大河原と赤石岳を背後に咲く花桃
大河原と赤石岳を背後に咲く花桃
赤石岳の上空に赤い花桃の枝を左から右へと配置させている。
赤い花に対し、枝の黒い線をいかに画面内に描くか?
枝ぶりを注意深く観察して捉えている。
こちらも絞りは最大、被写界深度を深くし、画面全体をシャープに描写。
形を強調させる構図を作る写真の場合は、ボケた部分を画面に入れないことがコツ。




青空に枝を広げる花桃
青空に枝を広げる花桃
こちらは赤い花桃の枝先を青空いっぱいに配置させている。花桃の花を
デザインする感覚で青空のキャンバスに描くように画面内のバランスを
重要視して構図を作っている。注意点は、絞りが浅いと一部しかピントが
合わないので、被写界深度を深くするため、最大に絞っている。





地を這う花桃の幹と桜
地を這う幹と桜と花桃
こちらも赤い花桃をテーマに作画しているが、変形した幹を強調させている。
遠近感を表現しつつ、幹の造形的な部分を抽出している。
大鹿村という南アルプス西麓の気候は、冬の季節が特に厳しい地であり、
そのような環境に、年輪を重ねた花桃の生命力を活写したい意図を
写真の背後に託したかった目的もあった。

今回、あえて同じ赤い花桃を被写体として取り上げた。ちょっとしたカメラアングルの違いや、
遠景の山の画面内における位置の差が、写真表現には大きく反映が変わる。
表現意図を明確にして作画に臨むとよいでしょう。
花桃に限らず、被写体を見つけたら、様々な角度から目視して検討し、
もっとも表現意図にかなう位置を探すことがまず優先される。
その上で、レンズの選定、カメラ機構を的確にコントロールをし、
シャツターチャンスを逃さず作画することが大切になるのではないでしょうか。


No.406 桜満開

4月24日(月)晴

皆様こんにちは。
いつもブログを見ていただきましてありがとうございます。

長谷アルプスフォトギャラリーを訪ねてくださいました皆様
遠路よりお立ち寄りくださいまして、ありがとうございました。

長谷や高遠では、桜の花がたっぷりと枝々に咲きまして、空が見えないほどの立派さです。
開花はかなり遅れましたが、例年にない美しさです。

今日は伊那市西春近高齢者クラブ連合会の大会が開催されまして、参加してまいりました。

会長のTさんのご厚情によりまして、お招きいただき、霊峰御嶽山の写真画像をご覧いただきつつ、お話しをお聞きいただきました。
全員の皆様が瞳をキラキラ輝かせて聴講いただき、感激しました。
西春近地区は、とてもまとまりのよい会で、会員の皆様が共に助け合い、協力しあっておられる姿を目の当たりにしまして、素晴らしい皆様方だなと感じました。

西春近高齢者連合会の皆様、ありがとうございました。
いつまでもお元気で幸せがたくさんありますように祈念しております。


このところ桜を追って、あちらこちらを旅しました。
成果の一部ですが、下記にアップさせていただきます。

お楽しみいただけますと幸いに存じます。



六道ノ堤を彩る桜と水仙と雲
六道ノ堤を彩る桜と水仙と雲



高遠城址太鼓櫓と彼岸桜
高遠城址高遠の太鼓櫓と彼岸桜



高遠城址桜雲橋と爛漫の桜
高遠城址公園の桜雲橋と彼岸桜



信濃国分寺三重塔と桜
信濃国分寺の三重塔と桜



上田城址のしだれ桜
上田城址公園の真田丸としだれ桜



小諸古城懐古園の桜
小諸城址公園の桜林と観桜の人



笠原の彼岸桜と西駒ヶ岳
伊那市笠原の彼岸桜と残雪の西駒ヶ岳



残雪の空木岳、田切岳・仙涯嶺と彼岸桜
残雪の空木岳・仙涯嶺・田切岳と彼岸桜


No.405 桜の絶景

4月19日(水)雨から曇

皆様こんにちは。
このところブログをアップできずにすみません。

『長野県の山』の執筆と校正に追われる日々が続きました。
山と溪谷社から5月に発売予定です。山好きの皆様には楽しみにお待ち願えればありがたいです。

さて、15日(土)からいっきに気温が上昇したことなどが要因となって、伊那地方の桜がいっせいに開花しました。

長谷アルプスフォトギャラリーは新企画の展示が始まったこともありまして、ここ1週間はご観覧の皆様が大勢訪れてくれました。
諏訪市教育委員会のNさんが文化財係に栄転し、その報告がてら遊びに来てくださったり、伊那市商工観光課の皆様も担当者が変わったとご挨拶に来てくださいました。
親戚の従姉妹となるお嬢様、千葉からお越しの野鳥カメラマン様とお仲間の皆様、伊那市元学校の先生をされていたHさんの友人、茅野市在住の企画展が変わるたびに来てくださるご家族様、飯田市、箕輪町、飯島町、松川町、下諏訪町ほか県外からもお訪ねいただいております。
これらの皆様に御礼申し上げます。

ブログを見てくださっております皆様にも篤く御礼申し上げます。
5日ほど前、中川村へ桜を撮影に行った折、中川村在住のベテランカメラマンにお会いしまして、彼も「津野さんのブログみてますよ!」「写真解説は参考になります。」と、励ましていただきました。

長谷へお越しくださる皆様の中にも「ブログを見たので観に来ました」とおっしゃる方もおられます。


今日は最近撮影した桜の写真を下記へアップします。

高遠城址公園の桜は見頃を迎えております。まだこの後、幾日も楽しめそうです。

ぜひ信州の伊那地方へお出かけになりませんか。お待ちしております。


青空に爛漫と咲き競う桜と中央アルプス
青空に爛漫と咲く桜と中央アルプス
駒ヶ根市中沢吉瀬地区に咲く桜の下に潜り込んで、見上げるように撮影しています。
背後の彼方に見える白銀を抱いた中央アルプスを画面下部に配置させ、遠近感を表現してみました、
カメラの絞り機構を使い、最大に絞って被写界深度を高くとっているので、奥まで
ピントが合っています。青空はPLフィルターをレンズの前に装着していることで、
くっきりと青空が濃く描写されました。
もちろん雨上がりの快晴時ということが抜けの良い写真を作る最大の要因。



あまり多くの人に知られていない桜の里
あまり知られていない桜の里
竜東地区の一角。近年公園を整備し、木はまだ若いですが桜、花桃などが植樹され、水仙も斜面に植えられています。
よく手入れが良き届き、高台に位置することから背後に残雪を抱く中央アルプスが望めます。
離れた位置から望遠系のレンズを使って作画しています。
手ぶれしないよう高速でシャッターを切ることがコツ。
それにはカメラの感度をあげるとよいでしょう。
画面内をよく見て、余分なものが写りこまないよう、
構図に注意が必要です。三脚を立てて撮影するのも一方法でしょう。



残雪の中央アルプスと彼岸桜
残雪の中央アルプスと彼岸桜
中央アルプスをテーマに作画していますが、桜の方に画面内の比率を多くとっています。
遠近感を拡大する意図からそのようにしてみました。
桜の色を強調させるには、露出の与え方にコツがいります。
私はほんの少し露出を暗めに設定して、白トビのないように
注意します。暗部はレタッチの時、少し明るくなるように調整します。



駒ヶ根市天竜川左岸に近い水田地帯の東側に咲く数本の桜と宝剣岳
駒ヶ根市の桜と宝剣岳
桜から少し離れて数本の桜と背後の宝剣岳を捉えています。
標準レンズの画角に近いので、広角レンズよりも被写界深度が浅く、
絞りを最大に絞って桜と山の両方にピントが合うようにしています。
PLフィルターの効果から桜と空の色が鮮やかに描写されました。
PLフィルターは太陽が射し込む角度によって効果の現れ方が異なり、
斜光線のときが効果大となります。そのようなときは、効き目を弱めて、
使用するようにしています。青空が極端に黒っぽくなり不自然になるからです。



諏訪市高島城の天守閣と桜
諏訪市高島城の桜
かなり桜から離れて天守閣と一緒に桜が重なるように撮影しています。
近くで撮影すると建物がペースフェクテブの影響から歪んで写ります。
それを解消するために遠くから望遠レンズで捉えています。
遠近感が圧縮されるレンズの特徴が自然の描写となるからです。
建物は太陽光線の反射が意外なほど強いので、露出はプラス補正
すると良い結果となることが多いです。



伊那市春日公園の桜と市街地と背後の南アルプス
伊那市春日公園の桜と南アルプス
伊那の勘太郎で著名な春日公園は、観桜の地として有名です。
伊那市街地の西側高台に建つ城址公園なので、見晴らしは良好。
眼下に伊那市の街並みと、はるか背後に南アルプスの仙丈ヶ岳、
東駒ヶ岳、わずかに白峰三山の頭が見えます。
見慣れた風景ですが、雨後の澄み渡った空に絹雲が出現して
特徴的な光景が広がりました。雲があるときはマイナス側に
露出を調整すると桜が暗く写ることなく、描写できます。



観桜を楽しむ若い女性
伊那市桜の名所春日公園で桜を楽しむ若人
私が訪れた日は30〜40代と思える女性が多く目立ちました。
女性は元来、花が好きなのかも知りません。
中にはナイロン製の敷物を広げ、女子会を行って、花より団子とばかりに
お弁当を食べながら桜を楽しむグループの皆様もおられました。



SBCラジオの取材カーの前に立つアナウンサー
SBCラジオ取材カー
伊那市六道の堤という近年有名になった桜スポットにて、
その桜の説明や写真の撮り方のコツなどをお話しさせていただいたときに、
SBCラジオのレポーターの女性と専門カーを撮影させていただきました。
その一日前に新車が納入され、最初のレポートだったそうです。
声の美しい、弾ける笑顔の美人でした。聞き方が上手で、順序立てて、
お話しすることができました。Fさん本当にありがとうございました。
4月14日午前8時36分頃、現地生中継でしたので、放送が終了すると同時に、
近くにお住まいの方が来られて、「いま聞いてましたよ」と、教えてくれました。
Fさんのファンらしく、お会いできて幸せです。と喜んで帰られました。
まだほかにも駆けつけてくださった方がいました。ラジオ放送を楽しみに
聞いておられる方の多さに驚きました。


No.404 第64回企画展

4月1日土曜日(雪)

皆様おはようございます。
未明から降り出した降雪のため山谷はすっかり白銀の世界へと様変わりしました。
けれども4月の春雪…、道路に雪は積もることはありません。

皆様にはブログを見ていただきまして、本当にありがとうございます。

ギャラリーをご観覧いただけました皆様、本当にありがとうございます。
お陰様で第63回企画展は3月26日を持ちまして、お開きとなりました。

本日から第64回企画展が始まりました。

催事名 津野祐次写真展「LANDSCAPE 花の賦」&竹沢長衛翁の足跡
場所  長谷アルプスフォトギャラリー展示ホール
会期  2017年4月1日〜6月30日(4月9日までは土、日曜日のみ、4月15日からは毎日開館)
時間  午前9時〜午後5時
入館料 大学生以上お一人100円(身体障害者と介添人は無料)
連絡先 長谷アルプスフォトギャラリー☎️0265-98-3016

内容  長野県内外の桜の風景、花の風景、大型写真26点で展開。
80インチディスプレーでは展示パネル写真とは異なる近作を120点ご覧いただけます。
津野祐次が最近掲載しております書籍もご覧いただけます。

伊那谷は間もなく桜が開花する好季節となります。
ぜひお立ち寄りください。



受付と展示ホール-1
長谷アルプスフォトギャラリーへの受付と展示ホール



桜風景の展示コーナー
桜の風景を展示しているコーナー



花風景の展示コーナー
花の風景を展示しているコーナー



大型80インチディスプレーで120枚の画像が
大型80インチディスプレーにて最近撮影した120枚がご覧いただけます



「竹沢長衛翁」の足跡展示コーナー
南アルプスの父と呼ばれる竹沢長衛翁の遺品や在りし日の遺影などを
展示するコーナー。こちらは伊那市の企画展示



展望休憩室
外壁側の2面とも全面ガラス張りの展望休憩室
閲覧可能な書籍を数多く収蔵。



道路から目印となる看板と本館
4月1日時点の道路から見た長谷アルプスフォトギャラリー
道路からは目印となる看板が建っています
四季折々、美しい景観の中に佇んでいます
間もなく、駐車場周りに植えられた水仙が花開きます






プロフィール

Alps Photo Gallery

Author:Alps Photo Gallery
たくましく生きる者の姿を。
厳かにして優しい大自然の表情を。
山岳写真家津野祐次と長谷アルプスフォトギャラリーのスタッフが綴る信州伊那市長谷にある、長谷アルプスフォトギャラリーの日記です!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム